包茎治療上野クリニック

包茎の治療法(包茎手術について、包茎矯正器具について)
包茎って(あなたは仮性包茎、真性包茎、カントン包茎)
画像で見る包茎(真性包茎画像、仮性包茎画像、カントン包茎画像)
実際に包茎手術を受けた生の声
包茎手術の流れ(美しい仕上がりの理由)
包茎手術体験者の声
包茎の悩み・よくある質問

まずは知って納得。包茎治療は?⇒ 上野クリニック

包茎の悩みは、多くの方がもっています。

包茎の中でも、包皮を手で後退させれば簡単に亀頭部を露出させられる仮性包茎は心配ありませんが、まったく後退させることができない真性包茎や後退させた包皮が戻らなくなるカントン包茎は治療が必要かもしれません。

包茎は亀頭が包皮に覆われているため不衛生になりやすく、病気をまねくこともあります。包皮で覆われているため、外部からの刺激に弱いため、早漏にもなりやすいということもあります。

真性包茎やカントン包茎の場合、ストレスが原因で、精神的にEDになる可能性はあるかもしれません。真性包茎・カントン包茎の場合は、性交渉そのものに対する意欲がなくなっていまうことも考えられます。

包茎治療・包茎手術の実績が多いクリニックに、まずは相談して、治療方法と治療費用など、しっかりとご確認ください。

まずは相談から ⇒ 上野クリニック

包茎手術治療費はどのくらい

クリニックによって差はありますが、5万円~30万円くらいです。また仮性包茎、真性包茎、カントン包茎等、ご本人の状態により包茎手術治療料金も異なります。仮性包茎ですと5万円くらいから手術を受けることができるということです。しかし学生が支払うには結構高額です。
診察料や手術料をクリニックが自由に決めることができるので、費用の幅も大きくなっています。包茎手術の多くは美容目的で自由診療になります。健康保険が効かない場合が多いからです。

そのため包茎手術に実績があるクリニックを選び、納得が行くように相談をしていただき、包茎手術治療費もしっかり確認した上で、包茎手術を受けるのが良いでしょう。銭湯などでタオルで隠す必要もなくなります。スポーツジムでも堂々と着替えられるなど手術後のメリットも多いです。

包茎とは

包茎とは包皮が亀頭の全部または一部またはを覆い、ときに亀頭が包皮と癒着している症状を言います。一般的に16歳くらいから陰茎の成長にともない包皮が引っ張られ亀頭が露出していきます。しかし陰茎に対して包皮に余裕があったり、包皮の先端が小さいなどの理由から、勃起したときに強い痛みをともなったり、亀頭と包皮が癒着している場合もあります。成人になりこのような症状が継続する事を包茎といいます。包茎の種類には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎があります。

仮性包茎とは

通常時は、亀頭に包皮がかぶっていて、勃起した時には亀頭がでてくるものを仮性包茎といいます。日本男性の約7割がこの仮性包茎の傾向にあります。仮性包茎の場合は、痛みをともなうケースが少ないです。しかし、亀頭と包皮との間に汚れがたまることがあり、これが原因で性病に感染するケース等があります。

真性包茎とは

通常時と勃起時ともに、亀頭全体が包皮でおおわれている状態をいいます。常に包皮が被っていることにより恥垢(ちこう)や尿などの汚れがたまり、菌の温床となってしまいます。その為、包皮炎・尿道炎を併発したりパートナーへも病気を移してしまうケースもあります。

カントン包茎とは

包皮の口がせまく、通常時は亀頭を容易に出せます。しかし、勃起時には陰茎の一部を締めつけて激しい痛みを伴い、それが原因で亀頭が腫れてします。陰茎に大きなダメージを残すことが多いため、早期の治療相談をおすすめします。

まずは相談から ⇒ 上野クリニック

包茎治療・包茎手術の実績が多いクリニックをおすすめします。
治療方法と治療費用など、しっかりとご確認ください。